シャープ・ファイブの足跡 井上宗孝のノート 井上宗孝へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ 井上宗孝のプロフィール 俺、井上宗孝の仲間たち 井上宗孝のホームページ

 

シャープ・ファイブの足跡

1961年(昭和36年)、相沢芳郎(相沢秀禎・後にサンミュージックを設立)のロカビリーバンド「ウェスタンキャラバン」が解散。その後メンバーだった井上宗孝、秋山功、古屋紀らが、1963年(昭和38年)に野沢裕二(トミー野沢)をリーダーに結成されたボーカルグループ「シャープ・ホークス」のバックバンドとして合流した。当時は「シャープ・ホークスとそのグループ」と呼ばれた。

翌年「ブルー・ファイアー」のバンリーダ三根信宏がリードギターとして参加。更にリズムギターに前田旭が加わっって、1965年(昭和40年)に「井上宗孝とシャープ・ファイブ」が結成された。
シャープ・ホークスと共に活動する一方で、卓越した演奏テクニックに人気が出て、ジャズ喫茶などではインストルメンタルグループ「シャープ・ファイブ」として出演した。この間、リズムギターは山内英美、ベースは伊藤昌明から西島純に入れ替わるなど、メンバー変更があった。

結成当時所属していたキングレコードからは、LP「フォー・ナイス・ガイ」、「パラダイス・ア・ゴーゴー」、「ビートルズをか鳴らせ」「若いギター」、「サイドワインダー」などを発売、シングルでは三根信宏作曲の「ゴールデンギター」(日本で最初のインストルメンタル曲)、「追憶」などが発売された。シャープ・ホークスとの共演では「ついておいで」、「遠い渚」、「海へ帰ろう」などがヒットした。

1967年(昭和42年)にコロムビアレコードに移籍。キングレコードのシャープ・ホークスとは離れて活動をする。1968年(昭和43年)発売のLP「春の海」がヒットチャート1位となり、続いて「クラシカル・センセーション」や「シャープ・ファイブ・ゴーゴー」などのLPもヒット、エレキインストルメンタルグループとして、多くの「伝説」を創り上げた。
1970年(昭和45年)にキャニオンレコードに移籍。「クラッシックに挑戦」、「軍歌に挑戦」、「ベンチャーズに挑戦」、「ロシアンフォーク」、「日本の民謡」など、多くのLPを多く発売した。

その後、ボーカルとして陣野重正が加わる。全国の根強いファンに支えられてコンサート活動を続けたが、1974年(昭和49年)に三根信宏と古屋紀が脱退。新たにリードギターに天野浩二が参加し、二代目ドラマーとして小林正和が参加。ライブハウスを中心に活動を続けたが1980年(昭和55年)に解散した。

解散後、井上宗孝はサンミュージックに所属し、マネージメント業務に携わる。都はるみの芸能界復帰に伴い、1993年(平成5年)から13年間にわたり、都はるみ事務所の代表を務めた。

1994年(平成6年)東京中野サンプラザホールで「20年ぶりのシャープ・ファイブ・コンサート」が開催された。この時に参加したメンバーは井上宗孝、古屋紀、三根信宏、伊藤昌明、山内英美、小林正和、保山道夫。

三根信宏はシャープ・ファイブ脱退後に渡米、帰国後はディックス、サウンドウェポンなどを結成。現在も定期ライブを実施して精力的に活動を続けている。
古屋紀はザ・フレシュメンを結成して活動し、現在はカラオケ教室を主宰。
伊藤昌明は宮間利之とニューハード、宮川泰率いる「名匠・宮川組」などを経て、スタジオプレーヤとして活躍している。
山内英美は鎌倉でライブハウス「蝶屋」を経営。
小林正和はドラマーからギターに転向し、ワンマンライブで活動。往年のシャープ・ファイブサウンドを再現している。

2007年(平成19年)には井上宗孝の古希を祝って当時のメンバーが集まり、CDアルバム{ゴールデン・ギター」が発売された。同年東京星陵会館でアルバム発売記念コンサートを開催。同年日比谷公会堂のGSカーニバルに「井上宗孝とシャープ・ファイブ」として出演、更に2008年(平成20年)1月のNHKGS大全集にもシャープ・ホークスと共に出演し、「ついておいで」、「遠い渚」、「春の海」を演奏。ここで「シャープ・ファイブ」としての活動を終えた。



シャープ・ファイブのオリジナル秘蔵映像です。楽しんでください。(^^;)

Copyright (C) 2013 井上宗孝 All Rights Reserved.